チャットレディに直アドやラインを聞いてくる客について

チャトレと直アドを交換しようとしてくる男性ユーザーとは

チャットレディを長年やっていると、男性ユーザーが連絡先を聞いてくることがあります。

キャリアアドレスを教えてほしいとか、SMSでいいからやりましょうとか、ラインの交換をしましょうとかです。

当記事では、チャットサイトにいるチャットが目的ではなく、出会いが目的で利用している男性客の対処方法などについて細かく解説しているので、あなたのこれからのチャットレディライフに役立ててください。

出会い系サイトと思ってライブチャットを使っている

ライブチャットには、チャットがしたい人が大半なのはもちろんですが、出会い目的の人も中にはいます。

男女のマッチングサイトでもないのに、出会えると思っている男性ユーザーが必ずいます。

チャットレディのサイトを出会い系サイトだと完全に思い違いをして参加している男性客が意外なほど多いです。

なので、ライブチャットサイトのメールに直アド教えてくださいとか、ライン教えてくださいとか、速攻で聞いてくる人もいます。

ですが男性ユーザーがすべて悪いというわけではなく、チャットサイトを紹介しているウェブサイトの紹介の仕方も悪いといわれています。

そういうウェブサイトというのはアフィリエイトをやっていて、男性客を登録させればさせるほどお金がもらえるので、女性と出会える!なんて誇大に宣伝して登録を促しています。

なので、そういうウェブメディアを目にした男性は、このサイトに登録すれば、簡単に女性と出会えるんだと勘違いして、出会えませんかなどの誘いのメールをチャットレディの女性に送ってしまったりするんです。

こういった魑魅魍魎のサイトが存在しているからこそ、男性客はチャットレディにチャットやメールで出会えませんかなどと聞いてしまったりするのです。

まあ、他にもいろいろな細かい要因があるかもしれませんが、こういったウェブサイトのせいで男女の出会いができると勘違いしてしまうお客さんもいるということです。

連絡先を聞いてくる男性

ここからは、私のエピソードを紹介していきたいと思います。

チャットレディをやったことがある人はうんざりするほど体験しているかもしれませんね。

通話し始めたばかりで「彼女になってくれませんか?」

チャットがはじまるなりものの数分以内に、彼女になってくれませんか?といきなり聞いてくる男性ユーザーは多くいます。

男性ユーザーの中には、チャットレディも彼氏がほしくてチャットレディをやっているもんだと思っている人もいるみたいで、どんな彼氏がほしいですか?なんてあっけらかんと聞いてくる男性も中にはいるのです。

ライブチャットに現れる、こういったいきなり出会い目的を丸出しの男性が現れたら、うまく利用しましょう!チャット時間を延ばしたり、メールの回数を伸ばせば稼げるのですから♪

ライン交換しませんか?と聞いてくるユーザー

チャットレディと出会えると本気で勘違いしている男性ユーザーが、一番送りがちなメールやチャットというのは、ライン交換してください、というものです。

ライン交換してくれませんか、などといって、いきなり自分のラインIDを送りつけてくる男性ユーザーもいるくらいです。

ライブチャットでチャットレディにラインなどの連絡先を聞いてくる男性ユーザーというのは、ポイントをあまり消費したくないという傾向を持っているので、メールで聞いてくることがほとんどです。

1通目にいきなりお誘いのメールを送って、だめなら別の女性にメールを片っ端から送って、教えてくれない女性にはそこから音信不通になるというパターンが非常に多いので注意しましょう。

いきなり音信不通になってもこちらとしてはかまいません。チャットしてくれる男性なんていくらでもいますし、そういう輩を相手にしていると時間がもったいないので、チャットレディのお仕事に専念しましょう!

チャットレディに、ライブチャットのメール送信機能をつかって、ポイントをわざわざつかって、お誘いのメールをしてくる男性はたくさんいます。

私がチャットしていて、こういうラインを交換してくれだの、直アドを交換してくれだのといってくる男性がいたら、すぐ断っていますが、ベテランのチャットレディになると、どんどん会話を引き出していって、メールのやりとり回数を途切れさせずに何回も重ねることにより稼いでいる人もいるくらいです。

女性はあそこが好きだと思っている男性

自分のチンコが大きいと思っていて、それを女性に見せれば、惚れてくれると思っている男性は意外と多いのです。

いきなり自分の勃起させたあそこを送りつけ来てほんとに好かれると思っているのでしょうか。女性からしたら、甚だ理解に困ります…。

自分のペニス画像を見てもらえさえすれば、セックスしたくなるんじゃないか?と思っている男性が世の中にはいるのです。

チャットレディは男性器を見せつけられたときでも、堂々と褒めちぎって、チャット時間を延ばしたり、メールの回数を伸ばしたりするのが、お仕事ですね。

会えることが前提になっている男性

チャットレディをしていて、いきなり股間画像を送りつけてくる男性がいたかと思えば、リピートしてくれる男性でも、もうすでに会えることが決まっているかのようなチャットをしてくる男性もいます。

とにかくリピートしてでも即席でも会いたがる男性というのはいるものですが、こういった男性をうまいこと転がしていってチャットレディとしてなんぼだと思います。

男性を上手に手のひらの上で転がしていけば、うまく稼いでいけますが、男性を転がすことが心理的に抵抗感がある女性もいると思いますから、それはひとそれぞれだと思います。苦手な人は稼げるからといってやる必要もないと思います。

ホテルで会いたがるお客さん

ポイントを使ってチャットしないくせに、エッチなコンテンツ動画を見たいというせこい男性も中にはいます。

動画をたとえ送ったとしても、さらにあれをしろこれをしろと要求が激しくなって、いっこうにチャットにログインしてくれたり、テレビ電話をかけてくれたりとお金を稼げずにこちら側がむしり取られるだけなので、最初から断っておくことが吉です。

チャットレディの女性もただで男性を喜ばせるためにやっているわけではなく、れっきとしたビジネスでやっているのですから、ポイントを最初からケチろうなんて客は相手にしない方がいいのです。

セックスしたいですとかいってくる男性

ライブチャットサイトに出会い目的で登録している男性というのは、最初からチャットをする気がないので、好みの女性すべてに誘いのメールを送ったりしています。

なぜチャットレディと出会ってセックスしようとしているのかわかりませんが、もうチャットレディのサイトは出会い系だと勘違いしてしまっているのかもしれません。

マッチングサイトや婚活サービスなんていくらでも有名なのがあるのにもかかわらず、チャットレディは出会いを提供しているサービスだと思い込んで登録している男性客が後を絶たないのです。

チャットレディがやると危ない行為

以下からは、チャットレディがライブチャットで、男性とやりとりを重ねる上で、メールやテレビ電話や音声通話でやってはいけないことを紹介していきたいと思います。

以外に気兼ねなくやっているチャットレディも散見されますが、初心者の方は危険なのでやらないでください。

リアル世界であってしまうこと

たまに、チャットレディが男性客とチャット世界ではなくリアル世界であったことがあるなどというブログを目にしますが、正直会わない方がいいと思います。

その会ってしまう男性ユーザーというのはどういう意図を持っていて、どういう正確なのかもわかりませんし、何かを企んでいるかもしれませんから、そう考えると危険ですよね。

ライブチャットをしていると、いろいろな日常会話などや趣味の話などが弾んで、とても仲良くなってしまいやすいですが、実際に会うのはやめておいたほうがいいでしょう。

連絡先を教えてはいけない

ライン交換をして、そこでやりとりをするのは正直男性ユーザーの思うつぼだと思います。男性側からしたら報酬を払わなくてもいいですし、ただで女性とやりとりをできるので、女性側からしたらメリットはなにひとつありません。

男性客にしつこく連絡先を聞かれて、面倒だからといって適当なメールを返したりしても、リピーターを失ってしまうだけなので、規約にあるからとかなんとかいってかわしましょう。

会える前提で引き延ばさないこと

直アド交換などの連絡先交換はもちろんしてはいけませんが、こうやってあたかも会えるかのように引き延ばすのもやめておいた方がいいでしょう。

こういったテクニックを使えば、できる限りリピートしてくれて、たくさん稼げるかもしれませんが、会えないとわかった男性の気持ちを考えると後味が悪くなるといえるでしょう。

ここ最近の引き延ばしテクニックでよく使われているのがコロナや緊急事態宣言をいいわけにした引き延ばしです。

こういうことをいってうまいこと引き延ばしたとしても、女性はさらさら最初から会う気なんてない訳なので、男性をもてあそんでいるだけなので、法律違反ではありませんが、道徳的にどうかと思います。

男性も一人の人間ですし、そのチャットレディに恋心を抱いているかもしれません。そういう心を遊ぶというのはよくない行為といえるでしょう。

連絡先を聞いてくる男性客の回避方法とは

直メールなどを聞いてくる男性客には、どうやって当たり障りのない断り方をすれば穏便に済ますことができるのでしょうか。それを紹介して生きたいと思います。

私がチャットレディを今までやってくる中で、連絡先をくれくれしてくる男性客に対しての回避方法を日々開発してきましたので、ご紹介したいと思います。

スタッフにいわないように忠告されてるという断り方

チャットレディはそもそも出会いの存在ではないのに、そんな女性に対して連絡先を聞いてくる男性には適当ないいわけをつけて断っておくのがベストです。

ライブチャットでチャットレディの女性と出会おうとしている男性も、お金を使ってポイントを購入しているので、脈なしだと思えばそれ以上連絡してこなくなります。

チャットサイトの規約違反と伝える

どこのライブチャットも男性客との連絡先の交換や、直接的なやりとりは規約違反なので、これを言い訳にすれば連絡先をしつこく聞いてくる男性にも断りやすいと思います。

自分が断ってるわけじゃない感を出す!

以上のテクニックというのは、誰かに言われて断っているかのようなテイを出すことができます。

チャットレディの女性自身が自分の意思で断っているということをアピールすることができれば、すんなり引き下がってくれますし、チャトレへの避難も避けることができるのでメリットがたくさんあります。

リピーターさんでも直アドは交換しないのが鉄則!

ライブチャットサイトの男性ユーザーは、チャットレディにライン交換などを持ちかけてくることがよくありますが、絶対に教えてはいけません。

チャットレディをやっている女性も、はじめてテレビ電話なりメールなりチャットなりをしてくる男性には教えないかもしれませんが、なんどもリピートしてくれているリピーターには教えてしまう可能性もありますよね。

ですが、チャットレディとしてではなく、一個人として男性ユーザーといくらテレビ電話などをしたとしても、チャットサイトの報酬がもらえるわけではありませんのでもったいないと思います。

ライブチャットでチャットレディとして稼働している女性の中で実際に直接ラインIDを交換して、リアル世界であってきたという話をたまに見聞きしますが、すべての人が善良な市民とも限りませんので、うかつにあわないことが最善手だと思います。

ライブチャットというのはもともとアダルトな傾向があるわけですから、そういう男性客と会うというのは危険な行為と言わざるを得ません。

直接のアドレス交換をして実際にあったとして、個人的な住所や名前などがしれてしまったら、弱みを握られたことと同然です。

そもそもチャットレディというのは、ライブチャットというバーチャルな限られた空間でお仕事出来るからこそ、気軽に何の気兼ねもなく働けて、楽に稼げるというのが最大のメリットともいえます。

他には、一人のそういった軽率な行為をする女性がいることにより、まじめにお仕事している他のチャットレディにも迷惑がかかることになります。

一人のチャットレディの軽率な直接アドレス交換という行為により、他の女性もやってくれるものだと思ってしまう男性ユーザーが増えてしまうからです。

ひとりのチャットレディが安易に連絡先を交換して会ったりしてしまうと、全体的にも働きにくくなってしまう悪循環に陥ってしまいます。

チャットレディをやる女性は、楽に安全に稼げる環境が整っているわけですから、この好環境を利用して思う存分稼いでいきましょう♪

しつこいお客さんはブロックする!

一度断ったのにもかかわらず、なんども連絡先を聞いてくる男性ユーザーというのは、もうブロックしてしまってもいいと思います。

チャットレディにお金を払って、ポイントを消費してくれるお客さんなら百歩譲ってまだわかりますが、いきなり連絡先を教えろと何度も行ってくる男性客はブロックするに限ります。

女性側が、男性のメルアド教えてほしいなんて言う要望に応えてしまった日には、もう二度とチャットサイト経由ではメールを送ってこないでしょう。なぜなら無料で連絡が取れる手段を手に入れてしまったからです。

チャトレのメールアドレスを手に入れた男性からしたら、ただで連絡をとりあえるので、メリットばかりですが、チャットレディをやっている女性がわからしたら、メールを何回やったとしても稼げるわけではないので、デメリットしかないです。

チャットサイト外でやりとりをしてもチャットレディにお金が振り込まれるわけではないので、よっぽどその男性が魅力的がしゃべっていて楽しい相手じゃないと成立しないと思います。

チャットレディである女性が、男性と直接的なやりとりができるスマホアドレスやラインを交換してやりとりをするということは、その時間分の時給をみずから捨てているのと変わらない行為です。

ライブチャットにいる男性ユーザーというのはたくさんいるので、一人や二人ブロックしたところで、稼げなくなるわけではありません。いくらでも自分の波長を好きになって、テレビ電話なり音声通話なりメールなりをしてくれる男性客には巡り会えます。

しつこく連絡先などを聞いてくるお客さんはさっさとブロックしてしまって、他のきちんとお金を落としてくれるお客さんを相手にするべきなのです!